知って得するiPhoneの機能

AirDrop痴漢対策

iPhoneなどのiOS端末において、近距離のファイル送信が可能となるAirDrop機能。大変便利な機能であることは間違いありませんが、これを利用した迷惑行為が後を絶ちません。中でも卑劣なのがAirDrop痴漢というもので無差別にわいせつな画像を送りつけるというもので、実際に兵庫県ではこれによって逮捕者が出ています。

このような卑劣な犯罪から身を守る方法とは、ワイヤレス機能を断ち切ってしまうというものです。まず、コントロールセンターを呼び出しWiFiマークを長押しします。するとAirDropが左下に表示されるので確認してください。初期段階ではすべての人の設定になっています。これではどのような人からも受信できてしまう状態になるので、タップして設定をしましょう。受信しないを選ぶとどのような人のデータも受信できなくなり、連絡先のみを選ぶと連絡先に登録してある人のみがデータの送受信をできるようになります。

このような対策によってAirDrop痴漢を簡単に防ぐことが出来ます。AirDropは送信するときにプレビュー画像が送られてくるため、不快な思いをしてしまう可能性が高いです。そうならないために事前の対策するのが良さそうです。